【大河ドラマ】「いだてん」は“和製アベンジャーズ”…中村勘九郎&阿部サダヲが撮影振り返った

 NHK大河ドラマ「いだてん」が27日の放送から、1964年の東京五輪の様子を描いていく。物語がクライマックスに突入する中、10月1日には、撮影がすべて終了。このたび、前半の主人公を務めた金栗四三役の中村勘九郎(37)と、後半の主人公を務めた田畑政治役の阿部サダヲ(49)がそろって取材に応じた。

物語はいよいよクライマックスへ…1964年の東京五輪を描く

「いだてん」は“和製アベンジャーズ”…中村勘九郎&阿部サダヲが撮影振り返った

――全体を振り返ってみて、改めて「いだてん」の面白さを聞かせてください。

阿部「近現代で知らないこともあったので、勉強になりました。改めて、近現代も楽しいんだなと思いました。最初、僕は『日曜の8時に笑いが起こる』と言っていたんですが、感想を聞くと『泣けた』という人が多くて、そこは間違っていたなと思いました」

勘九郎「歴史の授業では、女子には平安時代が人気だったりとか、男子は戦国時代や幕末が好きだったりします。そうした時代はよく勉強するが、明治の終わりとかは駆け足でやっちゃう。『いだてん』で歴史を知れば知るほど、自分たちが学んでおかないといけない一番大事なところかなと思いました」

――スポーツへのとらえ方は変わりましたか。

勘九郎「運動が苦手だったので、避けてきたが、この作品で走ることの楽しさを知りました。一瞬にかける選手のプレッシャーだとか、選手の精神、中身はすごく気を遣うようになりました。これは作品ですが、オリンピック前には白髪が増えたりしましたから」

阿部「何が何でもメダル、全種目制覇だとか言ってはいけないなと思いました」

笑えるシーンがある中で、泣けるシーンもたくさんありました

――宮藤官九郎さんの脚本で、驚くことが続いてきましたが、演じてみていかがでしたか。

阿部「毎回毎回、2回分くらいを詰め込んでいます。宮藤さんは『まだ書き足りない』と言っていて、そこがすごいなと思う。結構、面白いシーンもカットされている。笑えるシーンがある中で、泣けるシーンもたくさんありました。スポーツに関する話で、アスリートを応援するところで泣いたりした。(日本人女性初の五輪メダリストとなった)人見絹枝さんの回は泣けましたね。僕の回が始まったのに、主役じゃないのかなあと思ったりもしました(笑い)」

勘九郎「宮藤さんはやさしいなと思います。悲劇的なところも、感動するところも、ここでずっと泣いていたら疲れるだろうなというので、最後にふっと心を和らげてくれる笑いのシーンが最後にある。やっていても楽しいし、見ていても楽しいです」

――来年、東京でオリンピックがありますが、勘九郎さんは実際にサッカーと陸上のチケットがあたったそうですが、期待はありますか。

勘九郎「陸上の最終日が当たったのですが、もし、サッカーで日本代表が決勝にいったら、陸上ではなくて、サッカーの決勝に行くかもしれないですね」

――阿部さんはチケットを申し込まれたんですか。

阿部「してないです…」

勘九郎「でも、水泳は見ることができるんじゃないですか」

阿部「そういう甘えた気持ちがあったんですが…。見ることはできないですよね(笑い)。開会式はどういう演出なのかとか興味あります。ドラマの中で印象的だったので、選手村にも行きたいという気持ちがあります」

>>2以降に続きます

10/27(日) 6:10配信 ENCOUNT
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191027-00010000-encount-ent

【芸能】大島優子『スカーレット』“女学生役”の極上フェロモン素肌に騒然!

 9月30日から始まった今期のNHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』で、主演の戸田恵梨香の親友役を演じている元『AKB48』の大島優子。
「滋賀県・信楽を舞台に、女性陶芸家・川原喜美子(戸田)の波乱に満ちた人生を描きます。大島は、大きな窯元の“お嬢様”、熊谷照子役です」(テレビ誌ライター)

 第1週の平均視聴率は19.8%と20%の大台にはわずかに届かなかったが、これからアップしていくのは必至。
「戸田もさることながら、大島がいいんです。朝ドラにふさわしく、さわやかなフェロモンを振りまいているからです。肌もピチピチとしていて、若々しい」(同・ライター)

 2人の最初の見せ場は、第2週末の柔道のシーンだった。喜美子は高校に進学せず大阪で就職する決心をしたものの、照子は大反対。親友同士の柔道対決に。
「力と技に優る戸田が大島を見事に投げ飛ばすのですが、何回もリハーサルをやったのでヘトヘト。OKが出ると、緊張の糸が切れたみたいで、顔を見合わせて大爆笑していたようです。また、神戸出身の戸田が滋賀弁の微妙なイントネーションに苦労しているのに対し、栃木出身の大島の滋賀弁は完ペキのようで、スタッフや関係者は舌を巻いているということです」(芸能ライター)

 さらに、大島に関してロケ地の滋賀・甲賀市ではこんなエピソードも。
「窯元の関係者は、当初、薄化粧の大島を、本当に15歳の高校生役の女の子と思っていたそうです。別の機会で会ったとき、やっと大島であることに気が付いたとか。15歳の処女役、いや、少女役を演じても全く違和感がない。大島、恐るべしです」(同・ライター)

 今回、朝ドラのヒロインを演じることで、戸田の“男封印”がしきりに取り沙汰されているが、大島にも同じことが言える。
「今春、写真週刊誌にイケメン米国人との手つなぎデートが報じられました。これまで、ウエンツ瑛士、草彅剛らと浮名を流してきた大島。共通項として囁かれてきたのが“ビック”であるということ。いよいよ、海外に男を求め始めたわけです」(同)

 しかし、朝ドラ出演中はスキャンダルNGと、NHKからキツく言われているはず。
「でも、あの大島の極上フェロモン素肌を見ていると、男性ホルモンの注入に余念がないように見えますけどね。NHKや大島の事務所には、美肌に関する問い合わせが増えつつあるようです」(同)

 朝ドラヒロインの親友役はブレークするという伝説を大島が作りそうだ。

2019年10月26日 21時00分
https://wjn.jp/sp/article/detail/7568891/

【プロ野球】<日本シリーズ/低視聴率>はっきり表れるCS制度の弊害!リーグ2位のチームが出場できる違和感に、視聴者が敏感に..★2

プロ野球日本シリーズはパ・リーグ2位からクライマックスシリーズ(以下、CS)を勝ち上がったソフトバンクがセ・リーグ優勝の巨人を4連勝と圧倒し、3年連続で日本一になった。ソフトバンクの強さと巨人の脆さが目立ったシリーズは視聴率が奮わず、初戦8.4%、2戦目7.3%、3戦目9.7%と低迷し、日本一の決まった第4戦でさえ11.8%しか取れなかった(いずれも、ビデオリサーチ調べ/関東地区。以下同)。テレビ局関係者が話す。

「1、2戦の同時間帯の裏番組でラグビーW杯が放送されていた影響はあるでしょう。出鼻を挫かれたため、最後まで伸びなかった印象。ただ、それだけでもないと思います。やはり、CS制度が出来てから、リーグ2位のチームが出場できる違和感に、視聴者が敏感になっている面もあるのではないでしょうか」(以下同)

 パ・リーグは2004年から、セ・リーグは2007年から現在のようなポストシーズン制度が始まった。現行では143試合のシーズンで3位以内に入り、最大9試合のCSを勝ち上がれば、日本シリーズに進出できる。その7試合で4勝すれば日本一になれるのだ。

 2007年以降、シーズンで優勝できなかったチームが日本シリーズに進出したのは2007年、2010年、2014年、2017年、2018年、2019年の6回。実は、これらのシリーズはいずれも視聴率1ケタの試合を記録してしまっている。

「シーズン2位の中日とシーズン1位の日本ハムが対戦した2007年、日本シリーズのナイター中継が始まった1994年以降で初めて視聴率1ケタを記録してしまった。山井・岩瀬の完全試合リレーで中日が53年ぶりの日本一を達成した最終戦も12.7%と伸びませんでした。当時はまだ“巨人信仰”が残っている時代でしたし、北海道の日本ハムと名古屋の中日だから関東地区で視聴率が伸びなくても仕方ないと思われていた。でも改めて今考えてみると、シーズン2位の中日が日本一になる違和感がどこかにあったのかもしれません。

10/26(土) 16:00配信 ニュースポストセブン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191026-00000015-pseven-spo

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20191026-00000015-pseven-000-1-view.jpg

1 Egg ★ 2019/10/26(土) 16:48:54.63
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1572076134/

【海外】デミ・ムーア暴露!「価値もないのに自分より高額ギャラだった俳優」

 15歳の時に母親に売春を強いられたなど、衝撃事実を暴露した自伝本を先月出版したばかりの米女優デミ・ムーア(56)が今週、米CBSの人気トーク番組に出演。これまでの共演者の中で「価値もないのに自分より出演料が高かった俳優」を聞かれ“あの人”を筆頭に挙げた。

 デミは英コメディアン、ジェームズ・コーデンが司会する「ザ・レイト・レイト・ショー」に登場。互いに秘密を暴露し合うゲームで、ジェームズが引いたカードに書かれた前述の質問に、デミは「誰から始めればいいかしら」と前置きして「そうね、ブルース・ウィリスね」と、元夫の名前を挙げ、スタジオの観客を大爆笑させた。

 デミは自身が主演した1991年のサスペンス映画「愛を殺さないで」でブルースと共演。96年のアニメ映画「劇場版 ビーバス&バットヘッド DO AMERICA」では共に声優として出演した。また、デミの「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」(2003年)ではブルースがカメオ出演した。2人は87年に結婚し、00年に破局している。

「でも、彼が本当に私より高いギャラをもらう価値がなかったかどうかは分からないわ」としてアンサーを撤回。質問に答えられなかった罰として激辛ソースを口にした。

 一方、デミが引いたカードに記された「デミの自伝本『インサイド・アウト』で一番興味をひかれたのはどの章?」との質問に、ジェームズは「うんん…ドラッグのところかな」と口を濁し、笑いをこらえ切れない表情で「やっぱり読んでおくべきだった」と同書を読んでいないことを認め、罰ゲームで出されたゲテモノ肉をほおばった。

 また、デミは「これまで出演した映画の中でサイテーなのは?」との質問には「これは答えられるわ」とし、納得の表情で、「『悪魔の寄生虫・パラサイト』よ」と即答した。同作は82年のB級ホラー映画で、若きデミが主演。自分にとっては“黒歴史”の1本だったようだ。

2019年10月26日 17時00分
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/1598967/

【ラグビー/W杯】「世界の終わり」 オールブラックスの敗退に母国衝撃

【10月26日 AFP】26日に行われたラグビーW杯日本大会(Rugby World Cup 2019)の準決勝でオールブラックス(All Blacks、ニュージーランド代表の愛称)がイングランドに敗れ、W杯3連覇の夢が絶たれたことを受け、母国ニュージーランドに大きな衝撃が走っている。

 現地紙ニュージーランド・ヘラルド(New Zealand Herald)は、「世界の終わり! オールブラックスが驚くべきパフォーマンスを見せたイングランドに敗れる」と報じた。

 横浜国際総合競技場(International Stadium Yokohama)で行われた一戦で、ニュージーランドは7-19でイングランドに敗れ、2011年大会のトンガ戦から始まったW杯での連勝は18でストップした。

 気迫と優れたパフォーマンスを見せたイングランドに対し、オールブラックスは脅威を与えることができず、元代表SOスティーブン・ドナルド(Stephen Donald)は、後半開始5分で0-10とリードを許していた時点で不吉な予感がしたという。

 2011年のW杯決勝で試合を決めるペナルティーゴールを決めたドナルドは、解説を務めた試合の放送の中で「ここからひっくり返すには、相当な努力が必要になる」と話していた。

 現地紙ニュージーランド・ヘラルド(New Zealand Herald)は敗因を探しながら、スコット・バレット (Scott Barrett)をブラインドサイドフランカーに起用したのは「ギャンブルの失敗」だったと伝えた。バレットは、この試合でハーフタイムで下げられている。

 一方で、ほとんどのニュージーランドメディアは、イングランドがただ良すぎたと認めている。

 ヘラルド紙のコラムニスト、グレガー・ポール(Gregor Paul)氏は、イングランドは「世界最高の攻撃的なチーム(ニュージーランド)を、だらしがなく、悪いアイデアばかりで自信のない寄せ集め集団」に変えたと評した。

 ニュースサイト「stuff.co.nz」のラグビー担当記者マーク・ヒントン(Marc Hinton)氏は、「ニュージーランドは認めなくてはいけない。イングランドが素晴らしかったと」と述べた。

 国営のラジオ・ニュージーランド(Radio New Zealand)は、オールブラックスの3連覇の野望は「力で勝るイングランドの選手によって打ち砕かれた」と報道。

 テレビ・ニュージーランド(Television New Zealand)は、イングランドの「絶え間ない圧力と容赦のないペース」を敗因に挙げ、地元メディアNewshubは、オールブラックスは「開始直後の一撃に動揺し」、そこから立ち直れなかったと伝えた。(c)AFP

2019年10月27日 7:00 
発信地:神奈川
https://www.afpbb.com/articles/-/3251574?act=all
https://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/2/7/1000x/img_27fba50d30a05d4aa621e3aa67871e6c152216.jpg

【ラグビーW杯】<イングランド奇襲>「ハカ」をV字で待ち受け!センターラインを超えないよう審判が指示するのも無視マナー度外視★2

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20191026-00000174-sph-000-0-view.jpg

◆ラグビーW杯 ▽準決勝イングランド―ニュージーランド(26日・横浜国際総合競技場)

 エディー・ジョーンズ監督率いるイングランドが、いきなり奇襲をみせた。ニュージーランド代表が試合前に行う儀式「ハカ」を、V字陣形で受け止めた。センターラインを超えないよう審判が指示するのも無視。横一列に並んでセンターラインを超えずに見守るのがマナーとされるのを度外視した。

 キックオフでも意表を突いた。ボールを持ったSOフォードが右横のセンター・ファレルにパス。ファレルが左方向に蹴った。左ラインアウトから起点を作り、最後はセンターのツイランギがトライ。わずか1分41秒で先制トライを挙げた。

10/26(土) 17:54配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191026-00000174-sph-spo

1 Egg ★ 2019/10/26(土) 17:59:43.98
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1572080383/

【芸能】ビートたけし「これ言っていいのかな 『いだてん』もまた…大変だね」徳井出演予定の大河を心配

お笑いタレントのビートたけしが26日、TBS系情報番組『新・情報7daysニュースキャスター』(毎週土曜22:00~23:24)に生出演。東京国税局から申告漏れを指摘され、当面の活動自粛を発表したお笑いコンビ・チュートリアルの徳井義実について言及した。

たけしは「国税ってすごいんですよ」と話し出し、時計を仕事用として経費で買うとしっかりチェックされ「たけしさん、テレビ出ているときあの時計してませんね」と言われると説明。衣装代などとして認められるかは「紙一重」と語った。

また、自身も出演しているNHK大河ドラマ『いだてん』に、1964年東京オリンピック 女子バレーボール日本代表監督の大松博文役で徳井も出演が発表されていることにも言及。「『いだてん』もまた…。ピエール瀧、徳井。徳井は大松さんの役で出てたらしい。大変だね。これ言っていいのかな、また怒られちゃうかな」と、ドラマへの影響を心配した。

2019年10月27日 6時23分
マイナビニュース
https://news.livedoor.com/article/detail/17291884/
https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/9/6/96699_1223_0db92da4_18376add.jpg

【NBA 】ウィザーズ ・八村塁 19得点も3Pは課題「ああいうシュートを決めなければいけない」

 【NBA第2戦 ウィザーズ97―85サンダー ( 2019年10月25日 米オクラホマ州 )】 【八村に聞く】

 ――ケガ人が多い中で勝利を挙げた。

 「メンツはそろっているけど、ケガ人が凄く多い。その中でのロードゲームで、ファンが(熱気を帯びた応援で)うるさいオクラホマシティーで勝てたのは良かった」

 ――19得点の活躍。

 「ブラッドも調子が悪かったですし、僕がしっかり積極的にやろうと思っていた」

 ――勝負どころのメンタルの強さの秘けつは?

 「大学の時から“最後の部分で活躍できる選手になるように”と、いつも言われていたので、そこは意識している」

 ――3点シュートを立て続けに外す場面(第3Q残り4分ごろ)があった。

 「ああいうシュートを決めなければいけない」

 ――高校から大学より、大学からNBAの方がスムーズに入れている印象を受ける。

 「そうですね。大学の時に凄く大変な経験をしたので、最初が大変なのは分かっている。心の準備がうまくできて、うまく切り替えができている」

2019年10月27日 05:30バスケット
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2019/10/27/kiji/20191027s00011061078000c.html
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2019/10/27/jpeg/20191027s00011061077000p_view.jpg

【フィギュアスケート】紀平梨花、本田真凜、トルソワらが出場 スケートカナダ・女子フリーの結果

紀平梨花、230点超えてもV逸に「新時代だな」 トルソワ圧巻の世界最高点でV
「フィギュアスケート・スケートカナダ」(26日、ケロウナ)
 
女子フリーが行われ、注目の15歳、アレクサンドラ・トルソワ(ロシア)は
予定していた4本の4回転ジャンプのうち、3本を着氷させた。
フリー166・52点、SPとの合計で241・02点の世界最高得点を記録し、優勝した。
SP1位の紀平梨花(関大KFSC)はフリー148・98点、合計230・33点で2位だった。
 
紀平は冒頭に予定していた3回転アクセルからの連続ジャンプが、
ジャンプ軸が傾きステップアウトしたため、単独の3回転アクセルに。
続けて単独を予定していた3回転アクセルに2回転トーループをつなげてリカバーした。
 
以後の要素は大きなミスはなく、出来栄え点(GOE)でも0・80点から1・79点の加点を得た。
3本のスピンとステップシークエンスは最高評価のレベル4を獲得したが、
4回転ジャンプ4本を演技に折り込み3本を降りたトルソワの逆転を許した。
 
合計230点を超えてのV逸に「新時代だなって」と笑みを見せて答えた紀平。
「1つめのアクセルはやってしまったと。2本目でコンビネーションを絶対つけたいと集中して跳んだ」と振り返った。
自身の直前にトルソワが世界最高を超える得点をたたき出したことには
「圧倒された。ノーミスしても超えられるか分からない点数が聞こえてしまって、
今までにない経験だった」と率直な思いも口にした。ただ、「まとめられたのは良かった」とも語った。
 
また、大会前、タクシー乗車中に交通事故の被害にあい、
またこの日の演技前には体調不良も訴えていた本田真凜(18)=JAL=はフリーの演技をやり遂げ、
フリー120・06点(6位)で、SPとの合計179・26点で6位に入った。

デイリースポーツ on line
https://www.daily.co.jp/general/2019/10/27/0012823962.shtml

1 Alexandra TRUSOVA RUS 241.02
2 Rika KIHIRA JPN 230.33
3 Young YOU KOR 217.49
4 Bradie TENNELL USA 211.31
5 Evgenia MEDVEDEVA RUS 209.62
6 Marin HONDA JPN 179.26
7 Yelim KIM KOR 176.93
8 Serafima SAKHANOVICH RUS 175.97
9 Alexia PAGANINI SUI 166.20
10 Gabrielle DALEMAN CAN 164.34
11 Alicia PINEAULT CAN 161.37
12 Veronik MALLET CAN 147.79

http://www.isuresults.com/results/season1920/gpcan2019/SEG004.htm
http://www.isuresults.com/results/season1920/gpcan2019/CAT002RS.htm
http://www.isuresults.com/results/season1920/gpcan2019/FSKWSINGLES———–FNL-000100–_JudgesDetailsperSkater.pdf

【芸能】綾瀬はるか、紅白司会争いで広瀬すずに勝った決め手

 10月17日の午後9時頃、都心の繁華街に一台のワンボックスカーが止まった。後部座席から降りてきたのは、綾瀬はるか(34才)。彼女は飲食店やネイルサロンが入る雑居ビルに入っていった。

「ベージュのオールインワンにおだんご頭で、とてもかわいかったです。運転手さんと話しながら、満面の笑みを浮かべていたのが印象的でした」(目撃した人)

 その日、綾瀬は4年ぶり3度目となるNHK紅白歌合戦の紅組司会を担当することが発表された。白組司会は、昨年と同じく嵐の櫻井翔(37才)、総合司会は3年連続でウッチャンナンチャンの内村光良(55才)が務める。

「紅組司会はすんなり決まったわけではないようです。発表当日まで、4~9月の朝ドラ『なつぞら』でヒロインを演じた広瀬すずさん(21才)が、昨年に引き続き紅組司会を担当するのではないかという見方も強かった。綾瀬さんは大河ドラマ『いだてん』に出演していますが視聴率は低迷。今年のNHKの“顔”はやはり広瀬さんだという声も最後まであった」(NHK関係者)

 綾瀬と広瀬は昨年も紅組司会者の座を争った因縁もある。

「昨年は綾瀬さんが優勢といわれていましたが、結果、広瀬さんになりました。100回記念の朝ドラを後押ししたいという局の狙いが強かったようです。ただ今年は違う。広瀬さんは業界最高額のギャラといわれる米倉涼子さん(44才)に次ぐクラスになったといわれ、今いちばん、オファーが殺到している女優。だからこそ、綾瀬さんと広瀬さんの一騎打ちに注目が集まっていた」(前出・NHK関係者)

 しかし、今年の軍配は綾瀬に。冒頭のはじけるような笑顔は司会決定直後のことだった。

「決め手は“全国区の人気”です。今年、紅白は70回目の節目。さらに記念すべき令和初の紅白です。広瀬さんの勢いも捨てがたいですが、やはり安定した知名度は綾瀬さん。嵐との相性も抜群です。綾瀬さんが初めて司会をした2013年は、ここ15年で最高視聴率の44.5%を獲得しています。NHK側は綾瀬さんにあやかりたいという思いもあったと思います」(芸能関係者)

 綾瀬といえば、これまでの紅白では“迷司会ぶり”が話題になった。曲紹介の際にフリーズしたり、「このあとはSMAPさん」と言うべきところを「このあとさん」と言ってしまうなど、天然っぷりを炸裂させていた。

「現場はヒヤヒヤでしたが、視聴者には好意的に受け止められていたのは、彼女ならでは。今回は綾瀬さんの“ボケ”を櫻井さんがどのように受け止めるのかも見ものなので、放送事故にならない程度にドジってほしいですね(笑い)」(前出・NHK関係者)

 常識を“はるか”に超えた司会ぶりで今年も楽しませてくれそうだ。

※女性セブン2019年11月7・14日号
2019年10月27日 7時0分 NEWSポストセブン
https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17291783/