【野球】吉本「闇営業問題」が楽天の次期監督選考に思わぬ“余波” 古田氏は脱落?

楽天が戦前の予想を覆して健闘している。昨シーズン最下位であり、今年はチーム再建の年とされていた。平石洋介監督は2018年シーズン途中、梨田昌孝前監督退任に伴い監督代行として就任。新監督招聘も噂されたが、引き続き指揮を執ることとなった。15年から二軍監督だったこともあり、若手育成の評価が高かったものの、監督としての手腕は未知数だったが、一時期はパ・リーグ首位に立つなど、十二分な戦いを繰り広げている。

 そんななか、球団内では、並行して「ポスト平石」選びも進められている。次期監督問題の“キーマン”は石井一久GMだ。現役時代のノホホンとしたイメージとは異なり、選手補強などで敏腕ぶりを見せている。チーム強化の次の一手として考えているのが“新監督”の招へいである。

「石井GMは吉本ラインを最大限に活用するつもりです」と語るのは、楽天球団関係者だ。吉本とは、闇営業問題で揺れている吉本興業である。謝罪会見で注目を集めた岡本昭彦社長のもと、芸能だけでなく、スポーツマネージメントも積極的に進めている。

「吉本興業の野球セクションは、元ヤクルト投手の小坂勝仁氏を中心に立ち上げて、事業を拡大してきた。石井GMをはじめ、古田敦也・元ヤクルト監督や高津臣吾・ヤクルト二軍監督なども古くからお世話になっている。近年では青木宣親といった現役選手も手掛けている。ダウンタウンの浜田雅功が司会を務める『ジャンクスポーツ』(フジテレビ系)に彼らがたびたび登場していたのは、そのためです」(スポーツビジネス関係者)

 楽天の次期監督候補として有力視されていたのは、楽天・三木谷浩史会長と懇意の中であった古田敦也氏。石井GMとはヤクルト時代からチームメイトでもある。だが、監督就任への風向きが変わってきたようだ。

「吉本興業の闇営業問題も発覚した。社会的評判を考えても、楽天の“吉本色”を弱めたい、と三木谷会長が考え始めてもおかしくはないでしょう」(前出のスポーツビジネス関係者)

 前出の楽天担当記者からはこんな話も……。

「古田氏の楽天監督就任はなくなったと見ていいでしょう。古田氏はこれまでメディア露出も非常に多く、石井GMとの仲の良さも周知の事実。吉本色がかなり前面に出てしまうのは、球団サイドとしても避けたいのではないでしょうか。実際に、古田氏も球団と大きく揉めて監督を退任したヤクルトのOB戦にも笑顔で参加するなど、古巣に秋波を送っています。球界関係者の間では、ヤクルト監督への再就任も考え始めたともっぱらの噂になっていますね」

 では、楽天の次期監督は誰になるのか、そこで候補として名前があがっているのは仙台出身の“あの男”だ。

「ずばり元横浜OB、メジャーリーガーの斎藤隆氏です。楽天は仙台だけではマーケットが狭すぎるので、球団名に“東北楽天”とつけている。そうした事情から、地元出身で、東北福祉大卒の斎藤氏は適任でしょう。現マネージメントは吉本ですが、メディア出演はNHKなどあくまで野球関連中心。吉本色の強いバラエティーにはあまり出演していないのもプラスと見るべきだと思います」(前出の楽天担当記者)

 古田氏、斎藤氏とも現役時代の実績は十分。球界での知名度もあり、どちらが監督就任してもおかしくないのだが、まさか闇営業問題が球界にも影響を与える可能性があるとは……。どちらかが新監督に就任するのか、それとも別の候補が現れるのか。お笑い界のみならず、こちらも目が離せない状況だ。

週刊新潮WEB取材班

2019年8月17日 掲載

新潮社 8/17(土) 6:00
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190817-00578023-shincho-base

【芸能】ジャニーズJr.猪狩蒼弥「みんな #日本破壊 でツイートして!」 反日発言(?)に衝撃止まず

■ ジャニーズJr.猪狩蒼弥の「反日発言?」に衝撃止まず……バカすぎる行動の顛末

 8月18日、ジャニーズJr.ユニット「HiHi Jets」が東京・六本木ヒルズにてコンサート『サマステ2019「パパママ一番 裸の少年 夏祭り!」』を公演したのだが、その中での発言が、現在ファン内外で問題視されている。

 問題となっている発言をしたのは、同ユニットメンバーの猪狩蒼弥だ。猪狩は同日の夜公演中に、会場に集まったファンに向けて「みんな帰ったら日本破壊でツイートして!」と発言。これを受けてファンは、早速「#日本破壊」というハッシュタグを作り、SNSで感想や同時配信されていた同コンサートの動画を切り取り、自分のお気に入りシーンを拡散していた。

 だが、この「#日本破壊」が日本のトレンドワード1位になってしまったことで、世間は「何事だ?」と思ったよう。ジャニーズJr.の発言が発端で起こったとこだとわかるや否や、「ジャニタレが何してんだよ!」「普通に反日発言だろ」「物騒な言葉を拡散しろって、バカ」と批判が殺到。さらに「世間を騒がせたことを謝罪しろ」という声までも聞こえてしまう状況になってしまっている。

「ファンのテンションをさらに上げるために発言したのでしょう。ですが、影響力を考えて言葉は選んだ方が良かったですね。トレンドワードに『日本破壊』なんて出てきたら、ファンでもない一般人は驚いてしまうに決まってますから(苦笑)。でも、まあ、このおかげで『HiHi Jets』の認知度は上がりましたよね。悪い意味でですが……」(アイドル誌ライター)

 近隣諸国との関係悪化が連日ニュースで伝えられている昨今。いくらファンのための発言とはいえ、あまり物騒な発言はやめておいた方がいいようだ。

https://entamega.com/21842

N国党首 MX突撃…マツコを「権力の犬」と批判も、攻撃は止めると宣言 ★4

NHKから国民を守る党の立花孝志党首(52)が、バトル中のマツコ・デラックス(46)がTOKYO MX「5時に夢中!」に生出演した19日夕方、同局前に現れ、抗議活動を行った。前週の放送中に続き、2回目。

 約200人が集まり、警察官が「5時夢」のスタジオ前の路上に並び、同局前は騒然。立花氏はマツコを「権力の犬であることがよく分った」「しかし立場もあるのだろう。今度はワンワン鳴かなくなった」と酷評したうえで、「これ以上やるといじめになる」とマツコ攻撃をやめると宣言した。

 今後はMXに対し「放送法にあるテレビ局の公正中立をどう考えているのか見解を出してほしい」と求め、見解が出るまでは抗議活動を続けるとした。ただ、マツコに対しては「発言に対する弁明は聞きたい」としたが、出演後の出待ちなどは行わないとした。

 マツコは7月29日の同番組でN国について「気持ち悪い人たち」「ふざけて(票を)入れている人も相当数いるんだろう」などと発言。立花氏が「投票した有権者をばかにするのは許せない」として抗議。「マツコ・デラックスをぶっ壊す!」をスローガンに、マツコの謝罪や、同番組に出演しての生対決を求めている。

デイリー 8/19(月) 18:08
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190819-00000106-dal-ent

※前スレ
N国党首 MX突撃…マツコを「権力の犬」と批判も、攻撃は止めると宣言 ★3
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1566215139/

【芸能】モデルの松島花 アゴを2カ所骨折…ワイヤーで口を開けず 仕事は当面休み

[ 2019年8月19日 20:55 ] スポニチアネックス
松島花 アゴを2カ所骨折…ワイヤーで口を開けず 仕事は当面休み
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/08/19/kiji/20190819s00041000276000c.html

モデルの松島花
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/08/19/jpeg/20190819s00041000282000p_view.jpg

 ユニクロ「ブラトップ」のCMなどで知られ、今年5月1日に2歳年上の会社員男性と“令和婚”をしたモデルで女優の松島花(30)が19日、自身のインスタグラムを更新。16日に自宅マンションの階段から転び、アゴの骨2カ所を折るなどしたことを明かした。仕事は当面休む。コメント欄には心配の声が相次いだ。

 「先週の金曜日の夜、自宅マンションの階段から転倒し、顎の骨2箇所の骨折と下顎を裂傷し、生まれて初めて救急車に乗るという経験をしました。手足は打ち身程度で済み、顔の腫れもだいぶ引いたので、見た目はそれほどでもないのですが…顎の骨折が2箇所あるため、口の中をワイヤーで固めてあり、口を開くことができません。そのため、お仕事を少しの間お休みさせていただきます」と報告。

 「キャンセルし、ご迷惑をお掛けしているクライアント、スタッフの皆さま、本当に申し訳ありません」と謝罪し「仕事を始めて18年、このような自分の不注意から仕事をお休みするというのは初めてのことです。大好きな仕事を休まなければならないことは本当につらいです。1日でも早く仕事が再開できるように治療に専念しますので、皆さん、これからも応援よろしくお願いします!」と呼び掛けた。

(おわり)

N国党首・立花氏 崎陽軒シウマイ手に謝罪「勇み足でした。ごめんなさい。いつも買ってました。これからも積極的に食べます」★4

https://www.daily.co.jp/gossip/2019/08/19/0012622004.shtml
2019.08.19

NHKから国民を守る党の立花孝志党首(52)が、バトル中のマツコ・デラックス(46)がTOKYO MX「5時に夢中!」に生出演した19日夕方、同局前に現れ、抗議演説を行った。

立花氏は、13日付の声明動画で「5時夢」のスポンサーである「横浜名物 シウマイの崎陽軒」に対して「不買運動」を行ったことを猛省した。

まずはTOKYO MXに見解をただすのが筋だったと謝罪。報道陣からネット上には「N国から崎陽軒を守る党」が拡大していると問われると、崎陽軒のシウマイを手に「僕の勇み足でした。本当に申し訳ありませんでした。ごめんなさい」と頭を下げた。

「いつも新幹線に乗るときは買ってました。これからも積極的に食べます」とおわびした。

崎陽軒の「シウマイ」を手に気勢を上げる立花党首
https://i.daily.jp/gossip/2019/08/19/Images/f_12622005.jpg

★1が立った日時:2019/08/19(月) 19:13:42.39

N国党首・立花氏 崎陽軒シウマイ手に謝罪「勇み足でした。ごめんなさい。いつも買ってました。これからも積極的に食べます」★3
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1566217991/

【N国vsマツコ】警察出動!「5時夢」スタジオ前に警官並ぶ超厳戒★4

8/19(月) 16:53配信
 NHKから国民を守る党の立花孝志党首(52)が、バトル中のマツコ・デラックス(46)がTOKYO MX「5時に夢中!」に生出演する19日夕方に、同局前で抗議活動を行うと予告している。前週の放送中に続き、2回目。

 同局前には番組放送を前に午後4時すぎから報道陣や支持者とみられる人たちら、約100人近くが集まり、物々しい雰囲気に。午後4時半すぎには警察官10人以上が出動し、ガラス張りの番組スタジオ前の路上で警備を開始した。

 同局玄関前には規制線が張られ、同局裏側の駐車場入口は大きなカーテンが閉められ、厳戒態勢となっている。

 マツコは7月29日の同番組でN国について「気持ち悪い人たち」「ふざけて(票を)入れている人も相当数いるんだろう」などと発言。立花氏が「投票した有権者をばかにするのは許せない」として抗議。「マツコ・デラックスをぶっ壊す!」をスローガンに、マツコの謝罪や、同番組に出演しての生対決を求めている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190819-00000100-dal-ent

★1がたった時間:2019/08/19(月) 17:19:01.93
※前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1566207853/

【芸能】土屋太鳳「剛力彩芽以上」に嫌われる理由……あざとさより問題な「距離」

アンチが多いのは人気がある証拠というが、近頃の女優・土屋太鳳はその嫌われぶりがかなり際立っているようである。

「清純派女優は同世代・同性の層からは嫌われがちなものですが、嫌われぶりが目立つようになったのは15年のNHK連続ドラマ『まれ』であざとい演技を披露して以降だと言われています。最近目立ったのは『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)の『ゴチになります!』でのリアクション。土屋は6月から7月にかけて2回連続で最下位になり全員分の支払いをすることになったのですが、2回ともお金が足らずに号泣するというハメに。視聴者からも『そういう企画なのにお金用意してないのは……』などと反論の声が殺到してしまいました。(芸能ライター)

 役者としての演技には演出があるのでフォローもできるが、深刻なのはバラエティなどに出演した素顔への評判の悪さである。

「天然で天真爛漫なところが彼女の魅力ですが、計算高いというかイヤらしい一面も視聴者からは指摘されています。その一つが“大きなアレアピール”。彼女のタレントとしてのキャラクターは清純派ですが、度々体にフィットした衣装で豊満なアレをアピールして話題をさらっています。昨年の『輝く!日本レコード大賞』(TBS系)のドレス巨乳も注目を集めましたし、今年の5月に放送された『the trip~じ・とりっぷ』(フジテレビ系)では豊満なアレの自撮りドアップも披露。こちらはアングル的にも胸を強調するものでしたので、『絶対狙ってる!』と女性視聴者の批判を集めました。

 さらに指摘が多いのは、男性共演者との距離の取り方。過去には共演の多い山崎賢人との交際匂わせや、北村匠海との歌手デビューの際の密着寄り添いカット。さらに佐藤健のことを健先輩と呼び、仲良しアピールをすることでも注目を集めましたね。なお、ぶりっ子キャラは生来のものではなく、幼馴染の俳優・野村祐希によれば『普段の話し方と違う』のだそう。のちに野村はフォローしますが、少なからずぶりっ子であることは間違いないでしょう」(同)

 土屋は今年5月に発表された『週刊女性』(主婦と生活社)の嫌いな女性芸能人ランキングで第7位。この順位は若手女優の中ではトップであり、ZOZOタウンの前澤社長との交際で人気が急落した剛力彩芽よりも上位であるという。同性人気を盛り返すのはなかなか苦労しそうである。

https://entamega.com/21831

【サッカー】<柴崎岳>デビュー戦を地元紙が大絶賛! 採点ではチーム最高の「8点」の評価 「シバサキに恋をした」

攻守に渡って存在感を示す
 
巧みな動きでチームの勝利に貢献した日本代表MFの柴崎岳に対する評価が、うなぎ上りとなっている。
現地時間8月18日に行なわれた2019-20シーズンのラ・リーガ2部の開幕戦が行なわれ、デポルティボ・ラ・コルーニャは本拠地リアソールでオビエドに3-2と勝利した。

土壇場の88分に勝ち越しゴールを挙げ、スペイン屈指の古豪が快哉を叫んだこの一戦において出色のパフォーマンスを披露したのが、4-2-3-1のボランチで90分フル出場を果たした柴崎だ。
立ち上がりから両軍が激しい肉弾戦を繰り広げるなか、柴崎もフィジカルコンタクトに応戦。さらに18分には自陣でのパスカットから敵陣へ運んで左サイドへ素早くボールを展開し、最終的にママドゥ・コネが決めた先制ゴールの起点となった。

攻守のバランスを取りながら局面で積極的に顔を出すなど、チームの舵取り役として奔走した日本代表MFに対して、地元メディアも手放しで賛辞を贈っている。
地元紙『La Voz de Galicia』は、寸評・採点では柴崎にチーム最高点の「8」をつけ、「ボランチとしてプレーし、輝かしいデビューを飾った。
そのパスとドリブルで相手のラインを破り、守備のために身を粉にして働き、著しい活躍を見せた」と絶賛。さらに同紙は別の記事でこうも綴っている。

「リアソールに詰めかけたサポーターは1部昇格を夢見られることをシバサキに確信させられ、彼に恋に落ちた。この日本人はデビュー戦で輝き、デポルティボの彼への投資が間違っていなかったことを明確にした」
また、スペイン・メディア『El Desmarque』のラ・コルーニャ版も、柴崎のパフォーマンスを次のように褒めちぎった。

「ピッチ中央で自由自在にプレーした。ドリブルを仕掛け、リスクを伴うパスを幾度も通し、守備面での仕事も張り切ってこなした。日本人による見事なステージングだったと言えるだろう」
デポルティボでの公式戦デビューを華々しく飾った柴崎は、ますます注目度や期待感が高まるなかで、より決定的な仕事ができるのか。スペイン挑戦4年目のサムライのパフォーマンスから目が離せない。

8/19(月) 18:44配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190819-00063037-sdigestw-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20190819-00063037-sdigestw-000-view.jpg

【サッカー】<柴崎岳(デポルティボ・ラ・コルーニャ)>開幕戦で先制点演出!地元紙絶賛「昇格の夢を見せてくれると確信」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1566187356/

【ジャニーズ】日テレ「24時間テレビ」でジャニー喜多川氏特別企画を放送へ

24時間テレビ内でジャニー喜多川氏特別企画を放送
[2019年8月19日16時0分]

今月24日、25日に放送される日本テレビ系「24時間テレビ42」で、
先月9日に亡くなったジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(享年87)が残した
名曲の数々を披露する企画が行われることが19日、分かった。

企画は「生涯を捧げたエンターテインメント ジャニー喜多川の想い」と題して、
メインパーソナリティーの嵐や、来年のCDデビューが発表されているSixTONESはじめ、
ジャニーズJr.内ユニットのHiHi Jets、「美 少年」や少年忍者が、会場の東京・国技館で、
ジャニー氏の思いを受け継ぎ、ジャニー氏が残した名曲の数々をメドレーで披露するという。

nikkansports.com
https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201908190000388.html

【映画】阿部サダヲ:映画「決算!忠臣蔵」で“狂気”の浅野内匠頭に 「切腹してしまったので知りません」 2019/08/19

2019年08月19日 映画
映画「決算!忠臣蔵」で浅野内匠頭を演じる阿部サダヲさん (C)2019「決算!忠臣蔵」製作委員会
https://storage.mantan-web.jp/images/2019/08/19/20190819dog00m200028000c/001_size6.jpg

 俳優の阿部サダヲさんが、堤真一さんと岡村隆史さんがダブル主演する映画「決算!忠臣蔵」(中村義洋監督、11月22日公開)で、赤穂藩藩主の浅野内匠頭(あさの・たくみのかみ)を演じていることが分かった。大石内蔵助(おおいし・くらのすけ)役の堤さんとは、「舞妓Haaaan!!!」(2007年)以来、約12年ぶりの共演となる。

 浅野内匠頭は、“濁ったものを清くする”ことがモットーの一本気な性格がゆえに、賄賂まみれの吉良上野介に江戸城で斬りかかり、即日切腹。その結果、藩はお取り潰しとなり、残された赤穂浪士たちがあだ討ちのため、吉良邸へ討ち入りをすることとなる。いわば、忠臣蔵の物語の全てのきっかけを作った人物。

 中村監督とは「奇跡のリンゴ」(2013年)、「殿、利息でござる!」(2016年)でタッグを組んでいる阿部さんは「中村組に参加させていただくのは今回で3作目なのですが、なぜか毎回『真面目な人』役をいただきます。今回の浅野内匠頭もすごいです。中村組に少しでも参加できてうれしかったです! でもその少しが皆さんを大変なことに巻き込んでしまうんですよね。すみません、切腹してしまったので知りませんが。面白いです『中村組忠臣蔵』」とコメントしている。

 一方、中村監督は「今回の忠臣蔵での浅野内匠頭は、狂気をはらんだいちずさが必要でした。そうなるとサダヲさんしか思い浮かばなかったんですが、大河(『いだてん』)主演ですし、こちらの撮影は京都ですし、無理かなあと思っていたところ、何とか調整していただきご出演がかないました。朝イチ、本気の『この間の遺恨、覚えたるかー!』という、障子紙が震えるほどの怒声を聞いたら、やっていただけて本当に良かったと思うと同時に、これは是が非でも討ち入りしなきゃなと、スタッフ一同、四十七士のような感慨を抱いたものです」と話している。

 映画は、山本博文・東京大学大学院教授の著書「『忠臣蔵』の決算書」(新潮新書)が原作で、予算と関西弁を切り口とした忠臣蔵の物語。主君・浅野内匠頭の仇(かたき)を討つため、上限予算9500万円以内でなんとか討ち入りするべく、「これなんぼ?」が口癖の内蔵助ら赤穂浪士の姿を描く。時代劇初挑戦の岡村さんは、内蔵助を支える貧乏なそろばん侍・矢頭長助(やとう・ちょうすけ)を演じ、妻夫木聡さん、竹内結子さん、石原さとみさん、千葉雄大さんらも出演する。

https://mantan-web.jp/article/20190819dog00m200028000c.html