【新潮】乃木坂「衛藤美彩」と西武「源田壮亮」の交際が発覚、衛藤は「彼を支えたい……」

 先月末に乃木坂46を卒業した衛藤美彩(26)と、プロ野球・西武ライオンズの源田壮亮選手(26)が交際していることが、4月12日、週刊新潮の取材で分かった。

***

 プロ野球選手と芸能人のカップルは結婚したケースも少なくないが、もちろんそれは先の話だ。球界関係者が解説する。

「野球ファンとして知られる衛藤さんが、キャスターとして源田選手にインタビューをしたことがキッカケで、昨秋から2人で会うようになり、今月から交際を始めたようです。
なんでも2人は93年生まれの同い年で、生まれも育ちも大分市。地元話に花が咲けば、共通の知人が見つかるほどの距離感でした。これだけ共通点の多い男女ですから、
付き合うことは必然だったのかもしれません」

 衛藤は地元誌のモデルとして芸能活動を開始。高校卒業を機に上京し、11年7月に「ミスマガジン」でグランプリを受賞。翌年8月に乃木坂46の1期生オーディションに
合格を果たす。黎明期からグループを支えてきた中心メンバーの1人だ。

 一方の源田は、大分商業高校、愛知学院大学を経てトヨタ自動車に入社し、それぞれの野球部で活躍。16年に同社を都市対抗野球で初優勝に導いた勢いそのまま、
同年10月に埼玉西武ライオンズに入団。遊撃手の新人としては史上初となる開幕から全試合フルイニング出場を果たすなどチームに貢献し、17年のパ・リーグの新人王に輝いた。
昨年にはゴールデン・グラブ賞を受賞し、今季で3シーズン目ながら早くも遊撃手として不動の地位を得ている。

 衛藤は16年に女子野球日本代表の公式サポーターを務めるなど、趣味だった野球観戦が仕事に発展していく中、2人が出会ったのは18年4月。衛藤が「プロ野球ニュース」
(フジテレビONE)の月曜キャスターとして、源田のインタビューを行ったのがキッカケだった。

「確かにお付き合いさせていただいております」

「ご家族に野球経験者が多い衛藤さんは、生粋の“野球っ子”。なので、取材したい選手を衛藤さんに聞いても、『こちらから選ぶなんておこがましい』とやんわりと
断ってきたといいます。初インタビューだったこともあり、スタッフ側が『同郷の同い年なら話しやすいのでは』と選んだのが源田選手だったのです。今から考えれば、
キャスティングした人が縁を結んだことになるのかもしれませんね」(前出の球界関係者)

 その後については、地元関係者が言う。

「大分から関東に出てきた共通の知人などを集めて“大分会”を開いたんですよ。その仲間で源田の試合を見に行ったり、食事をしたり。ただ、野球がすごい好きなのは衛藤だけ。
野球関係の仕事をしていたこともあって、1人でも西武ドームに足を運んでいたみたいで、その行動力が距離を縮めることになったのかもしれません」

 交際について、出演中のミュージカルの仕事を終えた衛藤に直撃すると、意外にも足を止めて真摯に答えてくれた。

「確かに、今月からお付き合いをさせていただいております。交際前に2人でお会いした時も、一緒にローカルCMの曲を歌ったり、小さい頃、同じ時期に
地元のプールに行っていたことが分かって盛り上がったり。お話していると、彼の落ち着いた性格が自分を穏やかにしてくれて、芸能人じゃない衛藤美彩でいられることに
気持ちが楽になりました」

 なんともほっこりするエピソード。源田は衛藤の立場を慮って、乃木坂46を卒業するのを待った上で、想いを告げたという。

「シンプルに『真剣に付き合ってほしい』と言葉にしてくれました。私は『ハイ』と。付き合い始めたばかりですし、結婚などはまだ考えていません。彼が1日でも長く、
プロ野球選手としてプレーができるように支えていけたらと思っています。彼のほうも、私の肩に力が入っていると、『頑張りすぎんのでー』と大分弁で気遣ってくれたりと、
支えてくれている。お互い無理をしない関係が続けば良いなと思っています」

 既に夫婦のような関係にも見えるが、まだ交際はスタートしたばかり。2人が故郷へ錦を着て帰ってくる日を、地元の人々が楽しみにしていることだけは間違いないだろう。

週刊新潮WEB取材班

2019年4月12日 掲載

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190412-00559718-shincho-ent
https://www.dailyshincho.jp/wp-content/uploads/2019/04/1904101200_2-714×476.jpg

【プロレス】“政治家”デビュー・天龍の参院選出馬あるのか 街頭演説聞き取りやすかった滑舌革命

“ミスタープロレス”天龍源一郎(69)が10日、都内で区議会議員選挙の候補者応援のため街頭演説を行った。天龍といえばしわがれた声、滑舌の悪さでおなじみ。
「聴衆が聞き取れるのか?」と心配する声もあったが、無事に“政治家”デビューをこなした。実は、永田町では今夏の参院選で目玉候補探しが真っ盛りだが、まさかの「天龍出馬」はあるのか。

https://img.tokyo-sports.co.jp/wp-content/uploads/2019/04/df6fc89a147a88fb27359fd08ed6c8c5.jpg
https://www.tokyo-sports.co.jp/prores/1349907/

【Netflix】「リラックマとカオルさん」多部未華子、リラックマと対面し「頭がおっきい!」

「リラックマとカオルさん」のワールドプレミア上映会が本日4月11日に東京・新宿ピカデリーにて開催され、キャストの多部未華子と監督の小林雅仁が登壇した。

スタジオ・ドワーフが制作した本作は、少しとぼけたアラサー女性・カオルさんとリラックマたちの12カ月を描いたストップモーションアニメ。今年1月25日に30歳を迎えた多部は「突然変わったことはないんですが、大切な人が絞られて、密に自分の大切なことを言えるようになったというか。だからすごく楽になりました」と心境を語る。

荻上直子が手がけた脚本について、小林は「最初はいち読者として一気に楽しく読んでしまいました。じっくり読み返してみると、例えば普通の人が家に帰ってちょっと毒づいたりとか人間の表と裏が描かれていて、すごくいいなと思いました」とコメント。多部も「本当に感情移入できるセリフなどが上手に描かれていて。すごく面白いしグサッとも来るし、クスッとも笑えるし、ほっこりもするし、素敵な脚本だなと思いました」とうなずいた。

続いて、カオルさんと同年代のアラサー女性あるあるを、2人が共感するかしないかで判定するコーナーに。まず「迷わず花より団子?」という質問に、小林は「ない」、多部は「ある」の札を挙げ、次の「大人買いをしてしまう?」という問いには2人とも「ある」と答える。「占いの結果は気にしてしまう?」と尋ねられると、小林は「ある」と回答し、多部は「ない」としつつ「前は(占いに)よく行ってたんですけど、最近はそこまで左右されないです」と明かした。

ここで、多部の「おーい、リラックマー」という呼び込みにより、リラックマが登場。ゆっくりとした動作で舞台に上がったリラックマに、多部は「かわいいですね」と顔をほころばせながら「頭がおっきいですね? バランスがすごい」とリラックマをなで、しばし戯れる。さらに、リラックマの好物である三色団子の形をしたくす玉を割る場面も。会場からは、リラックマの一挙手一投足に「かわいいー!」という歓声が起きた。

最後に小林は「美術や画作りにこだわって作りました。観るたびに楽しさが見つかると思いますので、ぜひ2度3度と繰り返し観ていただけたら」とアピール。多部は「いろんな国で愛されているキャラクターの家主を演じられて光栄です。疲れて帰ってきたらお家でリラックマに癒やされて、また次の日爽やかな朝を迎えていただければうれしいです」と述べ、イベントを終えた。

「リラックマとカオルさん」は4月19日にNetflixにて全世界独占配信スタート。

2019年4月11日 21:18
https://natalie.mu/eiga/news/327593
https://cdnx.natalie.mu/media/news/eiga/2019/0411/DSC_829302_fixw_640_hq.jpg
https://cdnx.natalie.mu/media/news/eiga/2019/0411/DSC_812708_fixw_640_hq.jpg
https://cdnx.natalie.mu/media/news/eiga/2019/0411/DSC_818506_fixw_640_hq.jpg
https://cdnx.natalie.mu/media/news/eiga/2019/0411/DSC_825903_fixw_640_hq.jpg
https://cdnx.natalie.mu/media/news/eiga/2019/0411/DSC_802308_fixw_640_hq.jpg
https://cdnx.natalie.mu/media/news/eiga/2019/0411/DSC_814206_fixw_640_hq.jpg
https://cdnx.natalie.mu/media/news/eiga/2019/0411/DSC_815907_fixw_640_hq.jpg
https://cdnx.natalie.mu/media/news/eiga/2019/0411/DSC_819505_fixw_640_hq.jpg
https://cdnx.natalie.mu/media/news/eiga/2019/0411/DSC_823204_fixw_640_hq.jpg
https://cdnx.natalie.mu/media/news/eiga/2019/0411/DSC_835001_fixw_640_hq.jpg
https://cdnx.natalie.mu/media/news/eiga/2019/0411/DSC_837110_fixw_640_hq.jpg
https://cdnx.natalie.mu/media/news/eiga/2019/0411/DSC_838802_fixw_640_hq.jpg

https://youtu.be/iJLRAO6dRtE

【82歳加山雄三】「気が付いたときに筋トレしている」11日が誕生日

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190411-04110795-nksports-ent

82歳加山雄三「気が付いたときに筋トレしている」
4/11(木) 22:00配信

歌手加山雄三(82)が11日、東京国際フォーラムで、「若大将フェスティバル2019~君にありがとう~」を行った。今回で4年連続4回目。

フェス前に取材に応じた加山は「(この年になると)体調は万全じゃないけど、やるしかない」と笑い、「いろんな方のおかげで今の僕がいるので、その感謝を伝えたえたいです」と話した。

この日が82歳の誕生日。健康の秘訣(ひけつ)は「何も考えてないけど、気が付いたときに筋トレはしている」とし、「海草類が好きで、ひじきがいいのかもしれない」とその秘密を明かした。

新元号「令和」について聞くといきなり「“礼は”いいや!」とダジャレを飛ばした。また平成を振り返ってと聞かれ、「“平静”を装う」と切り返した。ダジャレ好きになったのは和田アキ子(69)の言葉がきっけだった。「アッコから『ダジャレを言えるのは頭がいいから』と言われて、それからだよ」と笑いながら明かした。

コンサートは前日10日から2デイズでの開催となった。この日のゲストはさだまさし(67)森山良子(78)高見沢俊彦(64)が出演。

トップバッターを務めるさだに対し加山は「トークは短めにね」とけん制し、加山とともにMCを務めたスチャダラパーのBOSE(50)も「さださんが5分と言うと30分になりますから」と話した。さだは「今日はしゃべらないさだまさしをお届けします。時間を守ることに命をかけます」とし、実際に持ち時間通りで終えた。

高見沢バンドにはザ・ワイルドワンズの鳥塚しげき(72)植田芳暁(71)が参加。「思い出の渚」披露後には、サプライズで加瀬邦彦さん生前の肉声で誕生日祝いコメントを流した。

また、フェス最後には加山の誕生日を祝うケーキもサプライズで用意された。

約3時間のフェスとなり、加山は代表曲「君といつまでも」などを歌った。2日間合わせて約1万人を動員した。

【芸能】NGT48、チーム制度取りやめ 23日に千秋楽公演 ★3

NGT48は11日、現在のチーム制度を取りやめ、新たにNGT48 1期生と研究生として再スタートを切ると公式サイトで発表した。
NGT48は10人が所属するチームN3と11人が所属するチームGの2チームがある。
チーム制度取りやめにともない、チームN3とチームGの千秋楽公演を23日に行うという。
出演メンバーについては決定次第発表するとしている。

NGT48をめぐっては、メンバーの山口真帆(23)が昨年12月に自宅でファンから暴行を受けたことをSNSで涙ながらに告白。
メンバーの関与や運営の不適切な対応を示唆していた。運営は劇場支配人を交代させるなどしたが、騒動は収まらず、第三者委員会を設置。
先月22日に新潟市内で調査報告会見を行ったが、運営側の説明に山口がツイッターで「なんで嘘(うそ)ばかりつくんでしょうか。本当に悲しい」とつぶやくなど異例の“生反論”。
これに対する運営サイドの対応も後手に回るばかりで、騒動は泥沼化しており、収束の道筋は見えていない。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190411-00000097-sph-ent
4/11(木) 15:08配信

前スレ 2019/04/11(木)
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1554970539/

【芸能】ジャガー横田家に疑問の声…「ダンナと息子は母親を見下し過ぎ!」

4月8日に放送された『しゃべくり007』(日本テレビ系)で、難関中学校受験の密着で話題になっているジャガー横田と、
その夫で医師の木下博勝氏、息子の大維志(たいし)くんが登場。一般家庭には縁遠い〝暴力〟が横行する生活や、過去に木下氏と大維志くんがジャガーに〝反撃〟したエピソードに対して、
視聴者からは「モラハラを受け継いでいる…」「普通にムカつく」と批判の声が上がった。

猛勉強の末、有名中学校に見事合格した大維志くんの夢は「父みたいな外科医になりたい」というもの。さらに、「父との方が距離が近い」「いつも僕の味方」と、木下氏に尊敬の念を抱いているようだ。

一方で母のジャガーに対しては、「(毎日)戦ってる」「ケンカなんです」と好戦的。そこで番組は、日頃ジャガーに対してたまっている不満や怒りをぶちまけさせてスッキリしてもらおうと、〝大維志くん救済企画〟を実施した。

口頭でクレームをつける夫と息子、それを暴力でねじふせるジャガーという〝圧倒的強者〟っぷりにスタジオは大盛り上がり。そんな中、木下氏は驚きのエピソードを明かす。
実は過去に、やられっぱなしの木下氏が本気でジャガーに反撃を試みようと、渾身のパンチしたところ、避けられた揚げ句ボディーに一撃を食らい〝秒殺〟される結果になったという。

すると大維志くんも、「一度だけ(反撃)したことあります」と告白。些細なことでケンカになった際、大維志くんがジャガーにパンチを繰り出すと、なんと腹部に命中。
しかし、ジャガーには効かなかったようで返り討ちにされてしまったそうだ。

母親を、世界チャンピオンを敬いなさい
スタジオでは大きく盛り上がった今回の放送だが、とことん〝悪者〟扱いされていたジャガーに対し、ネットでは同情する声が殺到。

《ジャガー横田の旦那と息子、普通にムカつく。

ジャガーさんを見下し過ぎ》
《どこか母親を見下してるというか小馬鹿にしてる感じがして不快》
《夫が妻を見下してると、子どもも見下しちゃうからアカンよね》
《母親(女性)を大切にするように育てられてないのかな?》
《ジャガー横田が不妊治療をしてたころ、木下医師が沖縄に愛人囲ってキモいLINE送ってたの一生忘れないからな》
《木下はいつも被害者ぶってて大嫌い。モラハラで浮気ばっかりしてるくせに》
《明らかにモラハラを受け継いでる》
《ジャガーさんが本当にかわいそう。嫌な恐妻に徹しててエライ》

など、過去のスキャンダルを持ち出す声もある。

バラエティー用での立ち位置と、家庭での立ち位置はずいぶん違いそうだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1771308/
2019.04.11 19:00 まいじつ

【芸能】「パリ自慢がスゴイ」って!?雨宮塔子、“NEWS23降板”で漏れてきた「局内評」

3月でテレビ朝日を退社したフリーアナウンサーの小川彩佳。早ければ7月にも「NEWS23」(TBS系)のキャスターに就任する方向で調整していると報じられている。

そんな中、降板が噂されているのが、元TBSの人気局アナで、現在フリーアナの雨宮塔子キャスター。
生活拠点のフランスからわざわざ呼び戻しての起用にもかかわらず、低視聴率の責任を取らされた形となるが、
局内では彼女を擁護する声は少ないのだという。あるTBS関係者は、こんな内情を教えてくれた。

「二言目には『パリではこうだった、日本は遅れている』などパリ自慢がすごかったんです。パリではセレブ生活をエッセイに書いて知的なイメージを演出しているように見えますが、
彼女を局アナ時代から知るスタッフは笑っていますよ。局アナ時代、彼女がキャスターを務めていたニュース番組で『近鉄で踏み切り事故が起きた』という原稿を
『チカテツで踏み切り事故が起きた』と読み間違えたことは、今でも語り草になっています」

雨宮と言えば、現在48歳。いまだ衰えない若々しい美貌で男性視聴者には人気があるというが、

「それは机の下から彼女だけマックスに照らしているライトのおかげですよ。実際に見ると年相応です」(前出・TBS関係者)

15年に離婚し、パリにフランス人の恋人がいるとされる雨宮。パリに戻って、再びセレブエッセイストとして活動する日も近いかもしれない。

http://dailynewsonline.jp/article/1771164/
2019.04.11 17:58 アサ芸プラス

【芸能】NGT 再出発に批判続出「誰も納得しない」 山口真帆へ「誠意ある対応」を求める声相次ぐ

NGT48は11日、現在のチーム制度を取りやめ、新たにNGT48 1期生と研究生として再スタートを切ると公式サイトで発表した。
NGT48は10人が所属するチームN3と11人が所属するチームGの2チームがある。チーム制度取りやめにともない、
チームN3とチームGの千秋楽公演を21日に行うという。出演メンバーについては決定次第発表するとしている。

この対応にネット上では、昨年12月に自宅でファンから暴行を受けたことをSNSで涙ながらに告白したメンバーの山口真帆(23)について心配する声や、運営側に対する批判が噴出。
山口には「まずは被害者である山口さんへの誠意ある対応が何より最優先。まじめに活動している子には気の毒だけど今の状況で再出発なんて決して許される状態じゃない」、
「肝心の山口さんがどうなるのかに触れずに再出発はあり得ない」、「もっと最初にやることあるでしょう。なんで山口真帆さんに謝罪したり、メンバーの処分したりできないんだろ」など擁護する声が相次いだ。

また、運営側については「問題のあるメンバーを解雇し、被害者が再び活動できる環境を整えることができないなら、永久に活動は停止してていいと思います」、
「まだ事件解決してないですよね?なんで次の話ができるのか運営の神経を疑います」、「誰も納得しない話!ファンが知りたいのは真実と、これから事!」、
「何にも変わってないのに『再スタート』とか言われてもねぇ…」など批判の声が噴出した。

NGT48をめぐっては、山口が自宅でファンから暴行を受けたことをSNS告白。メンバーの関与や運営の不適切な対応を示唆していた。
運営は劇場支配人を交代させるなどしたが、騒動は収まらず、第三者委員会を設置。先月22日に新潟市内で調査報告会見を行ったが、
運営側の説明に山口がツイッターで「なんで嘘(うそ)ばかりつくんでしょうか。本当に悲しい」とつぶやくなど異例の“生反論”。
これに対する運営サイドの対応も後手に回るばかりで、騒動は泥沼化しており、収束の道筋は見えていない。

http://news.livedoor.com/article/detail/16302674/
2019年4月11日 20時45分 スポーツ報知

【芸能】安めぐみ 第2子に意欲「夫は今年50歳。もう一人くらいは」

 イクメンロッカーのダイアモンド☆ユカイ(57)、癒やし系ママタレントの安めぐみ(37)が10日、都内で行われた「セイバン100周年記者発表会」に出席した。

 安は第1子の長女が4歳で、2年後に小学校入学を控える。「私はとろいし、子供は最近できることが増えたので、公園遊びに行くと動きが速すぎて追いつけない。心配なことが増えてきたが、我慢して見守ることを意識して子育てしている。夫(東MAXこと金満二世タレントの東貴博=49)は女の子なのでかわいがって、世話を焼きすぎる傾向がある」と語った。

 ランドセルについては「うちの子はパパのイメージを考えて、ゴールドを選ぶかも」とジョークで盛り上げつつ「若く見せているが、夫は今年50歳になる。もう一人くらいは欲しい。2人目を考えている」と明るい家族計画を打ち明けた。

 そんな安に対し、3人の小学生の父親であるユカイは「妻とは『俺たち早く死んじゃうから、一人だと寂しいね』と言っている。未来を生きる子供たちは兄弟、力を合わせてやっていってほしい」と早めに子供をもうけることをすすめた。

 そして「一番の理解者は俺だから、周りが何と言おうが、子供を応援してあげたい。これから先、いじめ問題やら何やらいろんなことがあると思う。でも、親が子供の一番の味方でありたい。俺、いいこと言っているな」とドヤ顔で子育てについて持論を述べた。

 同社はDAIGO(41)のCMソングで人気を集めた高品質ランドセル「天使のはね」で知られる。創業100年の節目に合わせ、グローバル化を意識した企業ロゴマークに刷新した。

 兵庫県内にあった3工場と本社を集約した新工場を建設し、2020年内の稼動を目指す。さらに、ディズニー映画「トイ・ストーリー4」(7月12日発売)とタイアップし、新CMやキャンペーンを展開する。

 また、国内では少子化に歯止めがかからないため、日本品質を武器に中国を中心としたアジアでランドセルマーケットの開拓に取り組む。加えて、同じ兵庫に本社を持つ子供服のファミリアとタッグを組み、保育事業への参入を目指す。

2019年04月10日 21時36分
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/1349550/
https://img.tokyo-sports.co.jp/wp-content/uploads/2019/04/6a3ba9af1f25d9bf71733ca28d3c8881.jpg

【ボクシング】村田諒太、メイウェザー対戦候補浮上に「光栄です」

ボクシング前WBA世界ミドル級王者村田諒太(33=帝拳)が10日、元5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(42=米国)の対戦候補に上がったことに大人の対応を示した。

メイウェザーは前夜、年内に日本で格闘技イベントの開催と、エキシビション出場をぶち上げた。
対戦候補の名は秘したが、関係者が「村田に興味を示している」と明かしていた。
村田は「名前が出るのはありがたい。光栄です」と敬意を見せたが「ボクは決められた試合をやるだけ。いつかボクシングを盛り上げるために競演できれば」と話した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190410-04100869-nksports-fight
4/10(水) 19:59配信

http://muramura.jpn.com/img/%E6%9D%91%E7%94%B0%E8%AB%92%E5%A4%AA%E3%80%80%E6%AC%A1%E6%88%A6%E3%80%80%E3%83%81%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88.jpg