【芸能】佐々木希、インスタ内容に不満の声が続出「知らない子どもの写真ばかり」「誰のアカウント?」

女優でモデルの佐々木希(31)が7日、自身のインスタグラムに投稿した内容が話題となっている。
佐々木は先月、『ボクらの時代』(フジテレビ系)で共演した同郷の俳優・柳葉敏郎(58)と演歌歌手の藤あや子(57)との3ショットを披露。
ファンからは「秋田県出身の神回でしたね!」といった声が寄せられたばかり。

そんな佐々木はこの日、「自然にふれる」とつづり、ハマグリを焼いている写真や友人の子どもたちが大自然の中で遊んでいる写真などを投稿した。

この内容に、インスタグラム上では「大自然!気持ち良さそうですね!」「春らしい遊びだ!」といった声が寄せられている。
しかし、その一方で「知らないお子さんばかりの写真が最近多いよね」「自分の子供は出さずに友達の子供は出すんかい!」「もはやこのアカウントは誰のアカウントですか?(笑)」といった声も。

確かに佐々木のインスタグラムでは友人の子どもの写真がたびたび投稿されているが、自身の子どもの写真はもちろん、子育てのことについては一切触れていない。
そうした投稿が多いことから、ファンは佐々木自身や家族の写真が見たいと不満を募らせているようだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1770797/
2019.04.13 11:11 デイリーニュースオンライン

【芸能】中居正広と松本人志…大親友の2人が「父の死」で同じ行動を取っていた

3月で終了した「中居正広の身になる図書館」(テレビ朝日系)と入れ替わるようにして、4月からは「中居正広のニュースな会」が土曜日、正午からスタートする。中居にとっては、初の冠ニュース番組のキャスター。天才的な仕切り力が注目される。

こうなると比較されがちなのは、翌日の日曜日、フジテレビ系の午前の顔となっているダウンタウン・松本人志らによる「ワイドナショー」だ。松本と中居はポジションこそ異なるが、その1週間に起こったニュースを取り上げる番組主旨は同じ。視聴率合戦同様、SNSも活況を呈しそうだ

そんな2人は大の親友。3月24日放送の「ワイドナショー」では、ゲストの中居が松本に今までン百万円もおごってもらったことを明かしている。2人の関係は19年にも及ぶため、高額になるのは当然かもしれない。

「2人の出会いは、00年に放映された連続ドラマ『伝説の教師』(日本テレビ系)。松本の初原案作で、自身は主役で2年D組の担任を、中居は副担任を演じました。松本ならではの視点でいじめ問題や自死、性や難病、少年犯罪ほか、多くの学校問題に真正面から取り組んだ伝説のドラマでした」(芸能ライター)

ブ厚い台本の読み合わせと、膨大な修正に中居が付きあったことによって、松本は信頼できる男と判じ、クランクアップ後に距離を一層縮めた。そんな2人は偶然にも、最愛の父を亡くしたとき、同じ行動に出ている。

「松本さんはお父さんの譲一さんを14年8月に亡くしています。しかし、闘病生活を送っていたことは、ごく一部の友人にしか明かしておらず、逝去したことを事務所が発表したのは密葬を終えた後でした。その翌15年2月、中居さんのお父さんの正志さんが、79歳でこの世を去りました。中居さんもまた父の闘病を伏せており、葬儀、四十九日を終えたあと、自身がパーソナリティーを務めるラジオ番組で初めて口にしています」(前出・芸能ライター)

ちなみに、松本は中居から父の闘病を聞いており、亡くなる年にタモリ、笑福亭鶴瓶と同じ日に見舞いに訪れている。すでに末期だった正志さんは話すことができず、体重は40kg台にまで減少。松本は日本の名作艶シリーズの歴史本を送っている。タモリと鶴瓶が帰るとき、「アカン。これだけワーワーやっててみんなで帰ったら、お父さんが寂しすぎるから」という理由で、1人でその後20分ほど居残った。

互いが互いを「親友」と認める松本と中居。今春火ぶたが切られる“ワイドナニュース”対決に大差がつかないことを、今はひたすら祈りたい。

http://dailynewsonline.jp/article/1773933/
2019.04.13 10:14 アサジョ

【芸能】現役東大生に62歳の婚約者! 深過ぎる家庭事情に「放送していいの?」

4月7日放送の『さんまの東大方程式』(フジテレビ系)に出演した現役女子東大生が、視聴者の間で「闇が深過ぎる」「これは放送して良い案件なのか?」と話題になっている。

現役東大生に加えて京大生も集まり、「東大VS京大」というテーマで計40名が強烈な個性をぶつけ合っていった今回の番組。
そして、終盤にアシスタントの三田友梨佳アナウンサーから「実はこの中に、生まれたときから許嫁(いいなずけ)がいる学生が…」
との紹介が入ると、ミス日本に輝いたこともあるという美人東大生が手を挙げた。

メインMCの明石家さんまが「この時代に!?」「許嫁を作る家なの?」と驚いていると、女子学生は「私の母が私を妊娠したときに、許嫁を約束したんです」と返答。
すると、スタジオは驚きから異様な空気が漂い、女子学生が「少し歳上の方で… 62歳」「私なんかで申し訳ないですけど(結婚したい)」と続け、さらなる衝撃に包まれていった。

多過ぎるツッコミどころにスタジオ一同も唖然

相手は福岡で芸人として活動している寿一実(ことぶきかずみ)という人物で、共演歴があるというさんまは「新喜劇のか!? 一実ちゃん!?」「ハゲ散らかしてるで!?」と驚きを隠せない模様。
女子学生は「母が福岡で一緒にお仕事をさせていただいたことがあって、当時、友だちがいなかった母のために誕生日パーティーを開いてくれた」
「お金がないのに『好きなの頼んでいいよ』って600円のワインをおごってくれて、その懐の深さに…」と、
寿が許嫁になった経緯を語ったが、出演者からは「『だからか~』ってならんよ!」「それで結婚は…」とのツッコミが入った。

さらに、女子学生は寿と直接会話したことがないそうで、番組は寿のいる博多と中継を結んで〝初対面〟をかなえることに。
画面にはスキンヘッドの初老男性が映ったが、女子学生は全く幻滅することなく、互いに好意を打ち明けた後、公開のプロポーズまで行われていった。

スタジオ一同はこのくだりに最後まであぜんとし続け、ネット上にも、

《やべえやつきた》
《闇が深過ぎる》
《親は何を考えてるのか》
《「あんたの旦那さんにしたいくらいいい人なのよ」ってノリの話じゃなくて?》
《ヤバ過ぎでしょ… どんな母親なんだろう》
《600円で娘を40くらい離れた人と結婚させるって…》

などといった声が。当事者同士は初々しくも幸せそうな表情を浮かべていたが、はたから見ると異様な光景だったようだ。

東大に入るほどの家庭だと、一般人には理解できない独自のしきたりがあるのだろうか…?

http://dailynewsonline.jp/article/1772915/
2019.04.12 19:00 まいじつ

https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fimgcc.naver.jp%2Fkaze%2Fmission%2FUSER%2F20190407%2F14%2F1116504%2F18%2F600x900x75fddafa551f2f2cd9cb55e4.jpg%2F300%2F600&twidth=300&theight=0&qlt=80&res_format=jpg
https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fimgcc.naver.jp%2Fkaze%2Fmission%2FUSER%2F20190407%2F14%2F1116504%2F30%2F1200x675x21d7f98adbbdb67f06785cd.jpg%2F300%2F600&twidth=300&theight=0&qlt=80&res_format=jpg
https://albblo.com/wp-content/uploads/2019/04/a-1.png

【芸能】水原希子のSNS炎上を業界大歓迎!? まさかの珍現象の謎

 モデルで女優の水原希子(28)にまさかの“珍現象”だ。歯に衣着せぬ物言いで、ネットを炎上させることもしばしばだが、人気は衰えるどころかますます高まるばかり。テレビドラマのキャスティング会議では、必ず名前が挙がるほど引っ張りダコだという。その裏には、水原の周到な計算があるようで――。

 水原がネット民を騒がせるのは、自身のSNSだ。インスタグラムやツイッターを通して、カチンとくることがあれば、不満を漏らすことをためらわない。

「過去に某モデルがカメラマンの荒木経惟をセクハラで告発した際に、水原も自身の経験を明かしました。20代のころ、ある企業の広告撮影で『男性に囲まれたなか、上半身ハダカで胸を隠す撮影をしなくてはいけなくて嫌だった』とする趣旨の告白をして波紋を広げたのです」と話すのは芸能プロ関係者。

 今年2月には、英国の男性人気グループ「ワン・ダイレクション」のハリー・スタイルズ(25)との新宿2丁目デートを女性週刊誌に報じられたこともあった。すると「すぐに『関係者問題』とツイートして『まじでフェイクニュース、キリがないからこういう時は強い女の曲聴いて、もっと強くなろ』などと発信したこともありました」(同関係者)。

 こうした水原の行動を見聞きするだけで「扱いにくい、やっかいな芸能人」という判断をされてしまうもの。実際、本紙でもファッション関係者のネガティブな反応を報じたこともあった。ところが、だ。その人気は衰えるばかりか最近、高まっているというから世の中わからない。

 大手広告代理店関係者がこう話す。

「水原を支持するというか、興味を持っているユーザーはものすごく多いんです。インスタグラムのフォロワー数は約527万人で、国内では1位の渡辺直美(約870万人)、2位のローラ(約540万人)に続く3位。ところが、潜在視聴率を調べると、何と8・6%もあったんです。渡辺が8・4%、ローラが7・1%なので、潜在視聴率では、堂々のナンバーワンなんですよ」

 そのため、ドラマのキャスティング会議で必ず水原の名前が挙がるという。こうした現象の裏には自身のしたたかな計算があった。

「実は、水原はこうしたら叩かれる、バッシングされるというのを織り込み済みで発言をしているんですよ。結果、SNSのフォロワー数が爆発的に増える。水原はもともと好感度で売っているタレントではなく、あくまでモデルなのでダメージが少ない。むしろ『自立した女性として、しっかり自己主張している』とファンは解釈してしまう。本人にとってもフォロワー数が増えれば、広告収入が入ってくるのでメリットは大きいんですよ」(事情通)

 ドラマやバラエティー番組のプロデューサーらは、こうした水原のキャラクターも理解したうえで、オファーしているようだ。「水原に関しては確かにいろいろと賛否両論ありますが、それ以上に魅力的なのは彼女のファンの多さです。男性、女性を問わずいるので、起用しない手はありません」(制作関係者)

 水原は、得意の英語を生かしてハリウッド進出をもくろんでいるというが、海の向こうで“炎上商法”が通用するのか。

2019年04月13日 11時00分
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/1351254/
https://img.tokyo-sports.co.jp/wp-content/uploads/2019/04/a646be188e96e6bec37777007e2b1315.jpg

【芸能】ぜんじろう「欧州では“言論の自由が一般の方にも正しく理解されている。日本みたいによってたかって叩いたりしない」★3

海外でスタンダップコメディアンとして活躍するお笑いタレントぜんじろう(51)が、“言論の自由”に対するヨーロッパと日本の違いについて語った。

ピエール瀧こと瀧正則容疑者(51)をめぐる発言や、爆笑問題の太田光(53)に対するツイートなどで注目を浴びているぜんじろうは13日、ツイッターを更新。「その昔、上岡が言ってました。『最近は、仲良い人とぬくぬくやってるからつまらないのが多い。嫌いだったり、やりにくい相手やな~と思う人こそぶつかっていく。火花の散る相手こそやりなさい。そこにこそリアリティーの面白さがある』」と、師匠である元タレント上岡龍太郎さんから授かった金言を紹介した。

続けて、欧州での活動を通じ、お笑いに対する環境について日本との違いに言及。「びっくりなのは『差別』以外は、ほぼタブーなし。“言論の自由が一般の方にも正しく理解されている国々”でした。イギリス、デンマークは、特にすごかった~(笑)イギリスは“言論の自由が正しく理解されている国”で、もしコメディアンが『差別』以外のネタで問題を起こして脅迫とか裁判ざたになっても、プロデューサーはもちろん、メディアもコメディアンを守ります」とし、「日本みたいによってたかって問題発言を叩き、形の謝罪、その後自粛にはならない」とチクリと刺した。

例として、風刺ネタやブラックなジョークなどでたびたび物議をかもす著名コメディアンが、日本のテレビでは“放送禁止用語”とされている言葉を使ったネタを披露したケースに触れた。一般の視聴者だけでなく政治家などからも「やりすぎ」だとして非難があがったが、放送したBBCの対応は「『BBCの基準の範囲内だから問題なし』でした(笑)『問題なし』の理屈も面白く

“it would not have gone beyond audience expectations for the programme(この番組を見ている人にとっては、冗談とわかる範囲内だ)”という理屈(笑)」だったとした。

4/13(土) 9:44配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190413-04130162-nksports-ent
ぜんじろう(06年10月撮影)
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190413-04130162-nksports-000-4-view.jpg

★1が立った日時:2019/04/13(土) 10:19:51.82

前スレ
【芸能】ぜんじろう「欧州では“言論の自由が一般の方にも正しく理解されている。日本みたいによってたかって叩いたりしない」★2
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1555126035/

【テレビ】松本人志、HIKAKIN宅で350万円のワインこぼす

https://www.narinari.com/Nd/20190454050.html
2019/04/13 09:05

お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志(55歳)が、4月12日に放送されたバラエティ番組「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)に出演。350万円するワイン、ロマネ・コンティをこぼして叩かれ、「デビューして初めて叩かれたことに納得した」と語った。

この日、人気YouTuberのヒカキン(HIKAKIN)(29歳)がおもてなしとして、1本350万円のロマネ・コンティと50万円のシャトー・ムートン・ロートシルトを用意。ヒカキンは「みなさんと今日これを飲めたら、もう人生悔いなし」と語る。

緊張した面持ちでロマネ・コンティを飲んだ松本は「ちょっともう美味しいのかどうかわかんない……」と話すと、相方の浜田雅功も「うん」と戸惑いの表情を見せた。

その後、トークを繰り広げる中で、松本がヒカキンのワイングラスを倒してしまうと、その瞬間にヒカキンは驚きの表情を見せ、浜田が松本の頭をバシッ。こぼしたワインだけで7~8万円すると責められた松本は「デビューして初めて叩かれたことに納得した」と語った。

https://cdn.narinari.com/site_img/photox/201904/13/20190413016.jpg

【芸能】ぜんじろう「欧州では“言論の自由が一般の方にも正しく理解されている。日本みたいによってたかって叩いたりしない」★2

海外でスタンダップコメディアンとして活躍するお笑いタレントぜんじろう(51)が、“言論の自由”に対するヨーロッパと日本の違いについて語った。

ピエール瀧こと瀧正則容疑者(51)をめぐる発言や、爆笑問題の太田光(53)に対するツイートなどで注目を浴びているぜんじろうは13日、ツイッターを更新。「その昔、上岡が言ってました。『最近は、仲良い人とぬくぬくやってるからつまらないのが多い。嫌いだったり、やりにくい相手やな~と思う人こそぶつかっていく。火花の散る相手こそやりなさい。そこにこそリアリティーの面白さがある』」と、師匠である元タレント上岡龍太郎さんから授かった金言を紹介した。

続けて、欧州での活動を通じ、お笑いに対する環境について日本との違いに言及。「びっくりなのは『差別』以外は、ほぼタブーなし。“言論の自由が一般の方にも正しく理解されている国々”でした。イギリス、デンマークは、特にすごかった~(笑)イギリスは“言論の自由が正しく理解されている国”で、もしコメディアンが『差別』以外のネタで問題を起こして脅迫とか裁判ざたになっても、プロデューサーはもちろん、メディアもコメディアンを守ります」とし、「日本みたいによってたかって問題発言を叩き、形の謝罪、その後自粛にはならない」とチクリと刺した。

例として、風刺ネタやブラックなジョークなどでたびたび物議をかもす著名コメディアンが、日本のテレビでは“放送禁止用語”とされている言葉を使ったネタを披露したケースに触れた。一般の視聴者だけでなく政治家などからも「やりすぎ」だとして非難があがったが、放送したBBCの対応は「『BBCの基準の範囲内だから問題なし』でした(笑)『問題なし』の理屈も面白く

“it would not have gone beyond audience expectations for the programme(この番組を見ている人にとっては、冗談とわかる範囲内だ)”という理屈(笑)」だったとした。

4/13(土) 9:44配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190413-04130162-nksports-ent
ぜんじろう(06年10月撮影)
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190413-04130162-nksports-000-4-view.jpg

★1が立った日時:2019/04/13(土) 10:19:51.82
【芸能】ぜんじろう「欧州では“言論の自由が一般の方にも正しく理解されている。日本みたいによってたかって叩いたりしない」
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1555118391/

【DTなう】HIKAKIN、収集の超高額グッズを紹介 ダイヤ入り純金コントローラーに松本人志が叫ぶ「何買ってんの!」

2019年4月13日 11時2分
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/16310483/
https://netnohannou.site/wp-content/uploads/2019/04/sse.jpg

 人気ユーチューバ-のHIKAKIN氏(29)が最近引っ越したばかりの新居に、フジテレビ系バラエティー番組「ダウンタウンなう」(金曜・後9時55分)のレギュラーメンバーが“潜入”してトークを繰り広げ、その様子が12日に放送された。

 新居は東京都内の超高級タワーマンションの上層階に3LDKを2世帯分借りている豪邸で、テレビ初公開。東京タワーなど都心を一望できる40畳のリビングダイニングルーム(床は総大理石)で、HIKAKIN氏が「特別に用意した、日本で買える一番いいもの」という350万円の1988年フランス産赤ワイン「ロマネ・コンティ」を大きめのグラスで飲み交わしながら談笑した。

 「1杯10万はくだらない」と驚く坂上忍(51)に、ダウンタウンの松本人志(55)は「おいしいのかどうかわからない」と言い、トークの最中に誤ってワインをこぼし「これ(こぼした分)で7~8万くらいやな」と相方の浜田雅功(55)に突っ込まれる場面も。

 トークと前後して、HIKAKIN氏が動画で紹介するために収集し、部屋に置いてある高級グッズを次々に紹介。「最強のベッド買ってみた」と動画をアップしたばかりの2~300万円のキングサイズのベッドに始まり、1400万円のトランク、1890万円の腕時計、57万円のヴィトンのランプなどが部屋に運びこまれ、金とダイヤをあしらった家庭用ゲーム機プレイステーションのコントローラー(百数十万円)が出てきたときは松本が「何買ってんの!」と叫んだ。

 HIKAKIN氏は動画サイト「YouTube」で保有するチャンネルの登録者数が現在1420万人。昨年より、さらに360万増えたという。

https://netnohannou.site/wp-content/uploads/2019/04/ps.jpg
https://netnohannou.site/wp-content/uploads/2019/04/psds.jpg
https://netnohannou.site/wp-content/uploads/2019/04/hhhis.jpg
https://netnohannou.site/wp-content/uploads/2019/04/hhhis.jpg
※ 画像は参考

【芸能】ももクロ参加 首相主催の「桜を見る会」

 安倍晋三首相が主催する「桜を見る会」が13日、東京・新宿御苑であり、平成最後となる同会には、歌手の五木ひろしさんやアイドルグループ「ももいろクローバーZ」など芸能人ら約1万8200人が出席した。

 満開となった八重桜の下、首相はあいさつで、5月1日の天皇陛下の代替わりとそれにともなう「令和」への改元に触れ、「平成を 名残惜しむか 八重桜」「新しき 御代ことほぎて 八重桜」の2句を披露。「皇位の継承、つつがなく行われるように準備万端、全力を尽くしていきたい」と述べた。

 また、新元号の典拠となった「万葉集」の「梅花の歌」序文を紹介。その上で「今日咲き誇っているこの花のように、皆さん一人一人がそれぞれの花を咲き誇らせることができる、そういう時代を一緒につくっていこう」と呼びかけた。

 安倍首相主催の桜を見る会は第1次政権時代も含め8回目。参加した主な著名人は以下の通り。

 加藤一二三さん、林家ぺーさん、林家パー子さん、カズレーザーさん、安藤なつさん、小峠英二さん、寺田心さん、辺見えみりさん、相川七瀬さん、五木ひろしさん、石坂浩二さん、由紀さおりさん、デヴィ・スカルノさん、高島礼子さん、市川猿之助さん、綾小路きみまろさん、ラモス瑠偉さん、ピコ太郎さん、ミッツ・マングローブさん、ナジャ・グランディーバさん、IKKOさん、千原せいじさん、アイドルグループ「ももいろクローバーZ」の百田夏菜子さんら、「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の白濱亜嵐さんら。

https://www.asahi.com/articles/ASM4F32K9M4FUTFK003.html
https://www.asahicom.jp/articles/images/c_AS20190413000809_comm.jpg

【対談: 古市×ひろゆき】古市「お土産をたくさん買っちゃう」 ひろゆき「友達には何があってもお金を払わない」

4/12(金) 7:10配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190412-00036257-biz_plus-bus_all
https://amd.c.yimg.jp/im_siggKsyWHUzsnQl65ifEXaw.cQ—x900-y600-q90-exp3h-pril/amd/20190412-00036257-biz_plus-000-1-view.jpg
古市憲寿氏(左)、ひろゆき氏(右)
※ 抜粋 全文は記事で

●友達にはお金を払わない

――お金を使うときにコストパフォーマンスを考えますか?

古市氏:どうだろう。旅行に行くと、お土産をたくさん買っちゃうんです。でも、お土産を渡して何か恩を売ろうとも思ってないし。そもそも大して喜ばれないし。

ひろゆき氏:僕は友達にお土産を買わないし、友達には何があってもお金を払わないんですよ。それが友達と仲良く続く理由の一つだと思っていて、たとえば人間関係の中で何かトラブルがあったときにお金を払うと、嫌な気持ちになったと主張したほうがお金を多く手に入れるじゃないですか。そうなると、嫌な気持ちになった主張合戦に人間なりがちなので、どんなに相手に迷惑をかけても僕は絶対にお金を払わないんです。

古市氏:関係にお金を持ち込まないんですね。

ひろゆき氏:そうすると、いくら嫌な気持ちになったと言っても、ごめんなさいと言えばお互いそれで済む。

古市氏:相手からも、もらわないんですか。

ひろゆき氏:もらえるものはなんでももらいます。それはもうありがたく。

古市氏:ご飯をおごることは?

ひろゆき氏:全然おごらない。相手がくれるものはもらうんですけど、自分がそうしなきゃいけないとなると、相手もそれを要求しはじめるかもしれない。そういう関係性になると、一緒にいるのにコストがかかるようになると思っています。

古市氏:普通はモノを介することで関係が円滑になったりするものですけど。

ひろゆき氏:友達じゃなければいいと思いますよ。社会人のたしなみとしてなら、お土産を買ったほうがいい場面はあるかもしれないけど、そういう人は別に友達じゃありませんから。